山道のドライブ

免許取得するためには

自動車の運転に当たって必要となる免許を取得するには、自動車学校に通うことが一般的です。
通常の学校は、自宅から通学するタイプですが、中には合宿免許取得を売りにする学校も存在します。
こうした合宿免許を専門とする学校では、通常の学校と比較して短期間で運転免許を取得できる特徴があり、長期休業期間のある学生などに特に人気があるところです。
なお、合宿免許の取得にあたってはその名のとおり合宿形式が採用されており、宿泊施設で食事や睡眠を取りつつ運転技術を習得することになります。
合宿免許の取得に当たって、どこの自動車学校に通うかは、もちろん費用面も重要ですが、こうした宿泊の部分を軽視するのは禁物です。
学校選びに際しては、費用だけでなく宿泊設備の状況や食事の内容などもしっかり確認して判断することが、後悔のない選択のポイントとなります。

トンネルの出口

学校自動車の合宿免許

学校自動車の合宿免許での免許取得となれば、最短で2週間もあれば免許が取る事が出来ると言った状況となり、缶詰状態で免許の獲得の事だけを集中して行う事で、さらに再試験などにならずにスムーズなレベルアップを図る事が出来ます。
こうした事で時間的なもので急いで免許を取得したい方にとっては安くて短期間で取得出来る所などが受け入れられていて自動車学校の合宿免許取得が今でも人気の様です。
こう言った自動車学校でも今の若者の自動車離れが激しくその影響もあり自動車学校の生徒もずいぶん減って来ている状況の様です。
合宿免許での免許取得も多くの利用者が以前はいたのですが、同じ様な状況でなかなか募集数も以前の状況とは違ってきている現状の様です。
しかし自動車学校に通いながら免許を取得する事で言えば、時間的にも2ヶ月はかかる事となり、そうした所で考えると合宿免許などの利用はかなりの時間を買う事となりそうです。

日南海岸

じっくり学ぶことが出来る

自動車学校となれば、合宿免許での取得する方法も考慮する事はとても良いことかも知れません。
なんと言っても教官とマンツーマンでの指導で時間もたっぷりとありその上わからない所などもじっくりと復習出来ると言った状況で教習を受ける事が出来ます。
一般的な教習所では、どうしてもそう言った振り返りの時間が少なく同じ過ちを犯してしまう事も結果的に改善出来なかったりします。
そう言った意味でも短期集中型で免許が取得出来れば凄く蜜の濃い時間となります。

湖と山道

合宿免許の必需品

合宿免許で必要な荷物は、入校手続き時に自動車学校から知らされますが、それ以外に持っていったほうが良いものを紹介します。
合宿免許は、入校してから卒業するまでの2週間前後、基本的に家に帰ることができません。
中には、実家または住民票が自動車学校のある市町村にある場合は入校できないところもあります。
宿泊先は、自動車学校が提携しているビジネスホテルや民宿または宿舎で生活することになります。
合宿免許では、学科と技能教習を効率よくスケジュールに組んでいますが、1日に受けることができる教習単位が決められているため日によっては半日が自由時間ということもあります。
そのため、自由時間を過ごすのに、ゲーム機や音楽プレーヤー、カメラ、トランプやウノなどを持っていくと時間を潰すことができます。
自動車学校によっては、インターネット環境が整っている宿泊先を用意しているところも増えているので、ノートパソコンを持っていくこともできますので確認してみると良いでしょう。

洗濯用品も合宿免許では必需品になります。洗濯ネットやハンガー、ピンチなどを持参すると便利です。
ハンガーは宿泊先にも数本ありますが、まとめて洗う場合などは足りなくなりますし、女性は特にネットを持っていくと困りません。
他にも、携帯の充電器や爪切り、耳かきまたは綿棒など普段の生活用品も持っていくと、途中でコンビニなどで買う必要もなく助かります。
また、薬も人によってはアレルギーを起こすので、自分が普段使用している風邪薬、頭痛薬など持っていくと安心ですよ。